個展のお知らせ

個展のお知らせです。

児玉晶子展
-マジックアワーのオリーブの木-

2018年8月21日〜27日
喫茶おとら
http://www.o-track.com
東京都文京区向丘1-9-18

古代よりオリーブの木は、平和と勝利の象徴として世界中の人々に親しまれてきました。展示に来ていただいた皆様に幸せが訪れてほしいという、祈りを込めて描いています。

ご興味ありましたら、DMお送りさせていただきます。

紅茶の美味しい、落ち着いた雰囲気の喫茶店での展示です。夏は本格的なアイスティー、アイスコーヒーもおすすめです。

たくさんの方々に観ていただけましたら幸いです。どうぞ宜しくお願いいたします。

Stick with me

今日ニューヨークで留学していた弟が帰国しました。

おみやげにこのチョコレートを持ってきてくれました。

“Stick with me”っていう名前の、ニューヨーク発のチョコレートで、

現地で流行っているみたいです↓

https://mikissh.com/diary/stick-with-me-nyc/

抹茶や柚子味など、日本らしいフレーバーも含まれているみたいです。

パッケージもネーミングも可愛い。

綺麗で食べれない!

絵のお引き渡し

本日、タイから来日していた友人に、ご希望の絵をお渡ししました。
絵をご購入いただいたのは、学生のころからのお付き合いで、大学院時代に日本に留学していたタイ人の友達です。

この絵は学生時代に描いたものですが、以前に欲しいと言ってくださったので、ようやく今日お渡しできました。描いた当時はまさかこの絵がタイに渡るとは思いませんでした。絵を描くことも、人とのご縁も、本当に不思議です。

絵をお渡ししたときの友人の顔が嬉しそうで、とても励まされました。
その友人が真面目な仏教徒で、話しているだけでこちらも良いインスピレーションをもらえた気がします。また、久々に英語を話しましたが、やっぱり日頃からもっと勉強せねばと思いました。

応援していただけると自信に繋がるのでとても有難いです。
今後ものんびりぼちぼち制作活動を続けられたらと思います。

こちらの新作シリーズ、「マジックアワーのオリーブの木」の第1号もお渡ししました。また同じシリーズでこつこつ描いていけたらと思います。

一千一秒物語展

-English below-
無事にキチヤさんでの展示のオープニングパーティーが終わりました。能楽師の方のお祝いの舞に感銘を受けて、能の世界と自分が描いた世界観に共通点があり、多くの気づきがありました。お陰様で一番思い入れのある作品をご売約いただきました。とても励みになりました。お客様には「童話の世界みたい」「月の顔がお釈迦様みたい」「優しくないとこんな顔は描けない」などのお言葉をいただき、嬉しい限りです。
一度挫折したアートの道ですが、人との出会いを大切にしながら、またぼちぼち作っていけたらなぁと思います。
展示は8/10まで行っておりますので、お近くにご用の際は是非お立ち寄りください(*^^*)

展示の詳細はこちらです→https://m.facebook.com/events/378028776014303?ref=bookmarks

展示場所:キチヤ https://akr6547336995.owst.jp
東京都中央区東日本橋3-8-1 ポーセレンビル2F
馬喰横山駅から徒歩1分東日本橋駅から徒歩2分
営業日時:ランチ 11:30-14:30 ディナー17:30-0:00
定休日:土日祝

 

展示を終えて

中野区野方の雑貨店gufoさんでの展示が終わりました。

この作品では、家で育てているオリーブの木に漂う穏やかなエネルギーを表現しました。タイトルは「マジックアワーのオリーブの木」です。マジックアワーとは、日没後の「太陽は沈み切っていながら、まだ辺りが残光に照らされているほんのわずかな、しかし最も美しい時間帯」を指す写真・映画用語です。この時間帯に見られるオリーブの木が一番情感たっぷりだと感じたので、この題名にしました。

学生時代以来の展示会でした。
作品を無事に完成できるのか?という緊張感や、作品をお店でお披露目する高揚感を久々に味わうことができました。
時々通っているヨガの先生が、「絵も瞑想なんですよ」と言っていました。
今回の制作でも、絵を描くこととヨガをすることは似ているなと思いました。
力が入りすぎると良い絵が描けないし、上手にヨガをしようと思うとポーズを深めることができない。

絵と自分の関わりは時によって変わってきました。自分の存在を主張するためのものだったり、共感を求めるためのものだったり、救いを求める対象だったり、喜怒哀楽をぶつける相手だったり、単なる暇つぶしや、癒しを求める行為だったりしてきました。

次は5月に書道家の友人と二人で、東日本橋にあるダイニングバーで展示をする予定です。
のんびり制作活動をしていたいと思います。

 

 

 

展示のお知らせ

3月20日、21日に中野区野方で開催される、
飲み歩きイベント「まちなかのバルin野方」に連動した、アートイベントでこちらの小作品を展示販売します。

展示させていただいく雑貨店、gufoさんの雰囲気に合わせて、昨年インドに行った際のスケッチも額装して一緒に展示販売しています。子ども向けの絵本やペット商品など扱っていて、小さいカフェも併設している可愛いお店です。

お近くにご用の際は是非お立ち寄りください。

■日程:3/20(火)~3/27(火)

■展示場所:雑貨屋 gufo(グーフォ)
〒165-0027 東京都中野区野方5丁目26-3パークサイド野方104 OPEN 9:00 CLOSE 19:00

■お店のHP: http://gufo.jp

■飲み歩きイベント「まちなかのバルin野方」FBページ: https://www.facebook.com/events/154971871798130/

野菜を使ったスイーツ

今年のバレンタインは、野菜を使った甘さ控えめのお菓子にしました!

カボチャのスコーンとアボカドココアプリン。

レシピは樋口正樹さん著の「野菜で作るスイーツ&スナック」の本を読んで作りました。
本の詳細こちらです↓
https://www.amazon.co.jp/野菜で作る-スイーツ-スナック-旭屋出版MOOK-樋口/dp/4751110713

Made healthy valentines sweets with vegetables. Pumpkin scone and avocado cocoa pudding.

浅草で寄席を観ました。

先週末、浅草の演芸ホールで妹と寄席を観に行きました。

寄席を観るのは初めてでした。

笑点の小遊三さんも出ています。

劇場は上映中も食べもの持ち込み自由で、幕が開く前にビールやお弁当、お菓子などを楽しむお客さんの姿がありました。

私は劇場の売店で700円くらいのお弁当を購入。味付けがちょっと濃いめで美味しかったです。

座った席が前から二列目だったので、落語家さんとの距離は1〜2メートルくらいでしょうか。表情がよく見られました。

出てくるのは落語だけかと思っていたら、漫才、コント、マジック、紙切りなども行われ、演目が充実していました。

話についていけず、「え?」ってなるときがありましたが、落語家の衣装、表情や身振り手振り、声色は、観ていて心が魅かれました。

入退場が自由なので、途中で帰ったり入って来るお客さんもいましたが、11時半くらいから16時まで約4時間ひたすら鑑賞して帰りました。

いっぱい笑って少し粋な休日になりました。

またいつか観に行きたいです。